吉野式記憶術で円滑にコミュニケーションを取る方法

吉野式記憶術で円滑にコミュニケーションを取る方法

人間関係を良好にしていたいというのは誰しもが思っていることだと思います。そんな敵対した関係こそ楽しいなんて言う人いないですからね。

コミュニケーション問題でよく起こりなおかつ手間になってしまうのは言った言わないという問題です。

これを読んでいる方の中には心当たりや経験された方もいると思います。それではどうして吉野式記憶術がこの問題を発展させて炎上させないのか説明します。

吉野式記憶術公式HP

記憶の齟齬から起こる問題

言った言わない問題とは簡単に説明するとある事象に対して自分と相手の認識の違いがあることです。それが文章などに記録されているのならともかく口頭で確認したことなどは発展しやすいです。

だからよくビジネスの世界ではこのような問題が発生しないようにメールなどで文面として残すわけですね。証拠が残るように。

では吉野式記憶術がこの問題を解決できるのはなぜかを説明しましょう。

記憶力が上がっているので再現できる

>

言った言わない問題でよく起きるのが、そのことを話し合っている本人たちの記憶も実は曖昧だったというケースが多いわけです。

曖昧だからお互い言った気がするんだよなあとか言ってないと思うんだけどなあとか何か似たような話を聞き間違ってしまって途中で認識がずれてしまっているというケースがほとんどです。

ですからその言った言わないが起きたときの前後の状況を再現して上げれば相手も自分もおのずとその状況をわかるというわけです。ただそんな記憶って一般の人は中々持っていないですよね。

しかし吉野式記憶術をマスターしていれば記憶力が上がっているのでそういう場でもきっちりと記憶を呼び戻すことが出来ます。

そのように再現すれば相手も納得してくれますし、問題も解決まで近い道筋で進むことは間違いなしです。

まとめ

吉野式記憶術で上げる記憶力は何事もテストだけで使うのではなくビジネスや日常生活でも十分に応用が効きます。

テストだけでじゃなく生活に密接している瞬間でも役に立つ瞬間は多々あるのかなと思います。全てを鮮明に覚えていくのは何事も難しいことだったりしますが、一般人より吉野式記憶術を学んだ人間のほうが記憶力は高いです。

安心したコミュニケーションを取るためにもトラブルを防止するためにも吉野式記憶術が役に立つことは理解できたのかなと思います。素敵なコミュニケーションを取り、人間関係を維持するのはいいことです。

吉野式記憶術公式HP TOPページを見る