一般的な記憶力の上げ方は?

一般的な記憶力の上げ方は?

吉野式記憶術以外にも、記憶力を上げる方法は一応あるにはあるんです。

記憶力の講座もありますが、普段の生活の中で記憶力を上げる方法はあります。

その効果は一概にどうとは言えませんが、参考までに皆さんにも教えたいと思います。

吉野式記憶術公式HP

自分で記憶力を上げる方法

これで記憶力が上がるとは言い切れませんが、試してみる価値はあるかもしれません。

お金をかけずに自分の努力で記憶力を上げられる方法はこのようになっています。

栄養素で記憶力を上げる

別のところでもお話しましたが、ここでもっと事細かに説明していきます。

記憶力に関わる栄養素としては…

糖質→脳のエネルギー源となって、脳をはたらかせるのに重要な栄養素

ビタミンB1→糖の代謝に必要な栄養素

ビタミンB12→神経の機能を保つために必要な栄養素

DHA→脳の神経細胞同士の情報伝達を、より円滑にするための栄養素

カルシウム→神経伝達に関わる栄養素

BDNF→脳の神経細胞の繋がりを増加させ、脳を活性化させる栄養因子

テオブロミン→自律神経を調整するセロトニンにはたらきかける栄養素

となっています。

食材については別のところでお話しているので端折りますね。

この食材をどのようにして摂取するか。

いくら1日3食あると言えども、そこだけで摂取するのは難しい話かと思います。

そこでお勧めなのは、勉強の合間や間食などで摂取する方法です。

ただオヤツを食べるだけだと、勿論それは記憶力を上げることには繋がりません。

けれど例えば間食にバナナやチョコレート、小魚などを摂取するようにしたら、栄養素を取り入れながら空腹を満たせます。

食べるものを選べば、必要な栄養素を取り入れられますし、カロリーの面からいっても太りにくいと考えられます。

間食をするなら記憶力に良い食材を選びましょう。

それでも摂取することが難しい日もあると思います。

であれば、その日はサプリなどで補ってみてはいかがでしょうか?

今はドラッグストアでもかなりの品ぞろえでサプリが置かれています。

サプリであれば楽に栄養素を取れるので、お勧めです。

行動で記憶力を上げる

記憶力の良い人が多く実践していると言われているのが、この行動で記憶力を上げるという方法です。

どうしても記憶力を上げるというと、学習方法に意識が向きがちですが、意外と日常の行動も大事だと言われています。

記憶する為に食事や寝る間を惜しんで勉強する人が多いようですが、それは逆効果と言えます。

記憶力を上げる行動として挙げられるのは、

①食べ物をよく噛んで食べる

②しっかりと睡眠を取る

③長時間座り続けるのはNG

④覚えたいことはしっかりと声に出す

⑤ストレッチをする

と言われています。

一見関係ないように見えますが、これらにはちゃんとした理由があります。

①の食べ物をよく噛んで食べるは、よく噛んで食べることによってコレシストキニンという物質が分泌されます。

この物質は記憶する上でとても重要で、中枢神経を活性化させる働きがあります。

このコレシストキニンが分泌されればされるほど、記憶力は高まるという研究結果が出ているのです。

②の睡眠、これもとても重要です。

試験前などであれば寝る時間を惜しんで、ギリギリまで勉強する人が多数いると思います。

しかし睡眠には疲労回復という重大な効果だけでなく、得た情報を定着させるという重要な役割があります。

せっかく勉強したのに覚えてないということは、睡眠が足りていないということです。

得た情報をしっかりと定着させたいのであれば、6時間半~8時間の睡眠が必要となります。

③の長時間座り続けないというのは、実はこの行動には記憶力の向上を妨げると言われています。

勉強=座るというイメージがありますが、これはNG行為というわけです。

これは既に海外の有名大学での研究結果として出ています。

なので時折立ち上がってみたり、単語などの暗記をする時は歩き回るのが効果的だと言われています。

④の覚えたいことを声に出すのは、何となくイメージできますよね?

声に出すことで五感が刺激され、ただ見るだけという行為にプラスで、声に出して覚えようとするので聴覚も刺激されます。

勿論これはどこでもできる暗記法とは言えないので、自宅での学習時のみにしておきましょう。

外でやると他人に迷惑をかけてしまいますからね。

そして⑤のストレッチですが、少し意外な気がしませんか?

でもこれもちゃんと理由があります。

③の長時間座り続けないというのに繋がる話ですが、なかなか覚えられないなと思った時はストレッチなどが効果あると言われています。

ストレッチや筋トレをするお陰で、短時間で覚えられるという効果が表れます。

体を動かすことで血液の循環も良くなりますし、体を使って暗記することで記憶力が向上します。

大事なのは根気?

自分一人で記憶力を上げるということは、結構地道な努力が必要なようです。

毎日の積み重ねが大事になるので、意外と必要なのは根気かもしれません。

そこに関して自信がないと言うのであれば、やはり記憶力講座が一番だと思います。

毎日の積み重ねですと、やはり時間はかかってしまいます。

それよりも一気に効果を得たいと思うのであれば、やはり記憶力講座を受講する方が確実な効果が期待できると思います。

吉野式記憶術公式HP TOPページを見る